花束
映画「仏陀再誕」 ネパール教育支援プロジェクト -ゴルカの中学校で調印式!vol.1
  • ネパール教育支援に!

    nepal.buddha

    映画「仏陀再誕」を通じて、ネパール大使館の協力の下、ネパールのポカラ地区とゴルカ地区の700名以上が通う中高の学校建設と奨学金支給を支援します。釈尊生誕の国、ネパールの子供たちが教育を受けられる環境を整えます。

  • QRコード

    QR
  • 検索フォーム


2009/10/13(Tue)

ゴルカの中学校で調印式!vol.1

今日は、教育支援プロジェクトのメンバーが支援先の一つであるゴルカの学校を訪れ、調印式を行ったときの様子を、2回に分けてご紹介します。

ゴルカは、中央ネパールに位置しており、ちょうど首都カトマンズとポカラの中間点から北に24キロにある小さな山間部の村です。どちらの町からも車で4時間ほどでいけますが、雨季になると道がぬかるみ、途中から車をおりて2時間ほど歩かなければ到達できない場所にあります。

この村は標高1200メートルの小さな村ですが、歴史的には重要な地だと言われています。18世紀にここを拠点としていたゴルカ王プリティヴィ・ナラヤン・シャハが、諸国を押さえてネパール統一を果たし、女神から神託の儀を受けて神から王位を授けられたとされています。

                     DSC07155small.jpg
                              ゴルカ周辺

さて、このマハラクシュミ学校は、人口5000人ほどの集落にあります。集落といっても山間にある学校のため、片道1時間半ぐらいかけて歩いて通ってくる子供もいます。丘の上にある校舎は老朽化が進み、雨風をしのぐこともままならない状況です。そんな教室に、1クラス100人の子供たちが勉強に励んでいます(全生徒700人以上)。

                     DSC07157small.jpg
                           ぬかるんだ道を進む…


学校にたどり着くまで、いくつかの小さな崖をよじ登り、「こんなところに生徒が本当にいるのかなあ?」と思い始めたところで、やっと木造校舎が見え始めました。

       schoolroad4small.jpg    DSC07170small.jpg
                          ようやく学校が見えてきた…


(初めて視察で訪れた時は、まだ支援が決定する前だったのですが…)学校の入り口付近にたどり着くと、いきなり大勢の子供たちの行列があり、歓声と花輪、花飾りで祝福を受け、大変な歓迎振りでした。

                     IMG_2463small.jpg
                         前回の視察のときの歓迎


→ 次回に続く
Home | Category : ネパール教育支援ブログ |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top