花束
映画「仏陀再誕」 ネパール教育支援プロジェクト -
  • ネパール教育支援に!

    映画「仏陀再誕」を通じて、ネパール大使館の協力の下、ネパールのポカラ地区とゴルカ地区の700名以上が通う中高の学校建設と奨学金支給を支援します。釈尊生誕の国、ネパールの子供たちが教育を受けられる環境を整えます。

  • QRコード

    QR
  • 検索フォーム


2009/10/25(Sun)

ポカラの高等中学校で調印式!

ゴルカの中学校の調印式については以前お伝えしましたが、
今日は、2つ目の支援先であるポカラのシュリシッダ高等中学校での調印式についてご紹介します。

                     IMG_0277small☆

シュリシッダ高校のあるポカラの街は、白いヒマラヤ山脈を望む風光明媚な場所で、その風景を求めて世界中から多くの旅行客やバックパッカーたちが訪れています。

今回、映画「仏陀再誕」を通じて支援を予定している、シュリシッダ高等中学校は、ポカラの第15地区にあります。全校生徒700名のうち約95%が低カーストに属し、貧しい家庭の子供たちがたくさん通っている学校です。

今、この学校には11年生まで通っていますが、教室不足で、11年生の生徒たちは朝の6時から9時半の間に、他の学年の教室を間借りして授業を受けざるをえない状況が続いています。

                     IMG_2571small.jpg

(ちなみに、農村と違って、ポカラがネパール第2の都市ということもあり、公立学校でも校舎自体は立派です。シュリシッダ高等中学校も校舎はコンクリート製です)

しかも、この度、ネパール政府の方針で、「あと数年で、12年生までの受け入れ態勢が整えられない学校は、8年制に縮小する」ということが発表されました。

この地域では、貧しい子供たちを受け入れて教育できる公立学校はシュリシッダ校しかなく、遠くからも子供たちが多数通っています。つまり、校舎を増築できなければ、貧しい子供たちが満足な教育を受けることが出来なくなってしまうのです。しかし、教室を増設するほどのお金は学校にはありません。

そこで、「12年生まで学べる環境をつくり、子供たちに高等教育の道を拓こう!」と、今回の教育支援プロジェクトで、この学校を支援することになりました。12年生まで学べば、学校の先生になる資格も得られますし、大学進学への道も拓けてきます。

                     DSC0736small1.jpg
                         校舎の2階部分を増築予定


そして先日、教育支援プロジェクトのメンバーが学校を訪れ、調印式を執り行いました。

あいにく学校がお休みの期間だったため、学校関係者のみの出席となりましたが、青空の広がるグラウンドで、セレモニーは行われました。

                     ☆P9260050small
                          青空の下での調印式

プロジェクトメンバーは、お祝い事のときに使われる、イネでつくった首飾りをかけられ、学校の運営委員長、そして校長と握手を交わしました。

      P9260081small.jpg     blessingsmall.jpg


具体的な支援として、既存の1階建て校舎の2階部分に4教室を建てることが決まり、来年春から12年生の授業をスタートするためにも一日も早く工事をスタートしてほしいと、先生たちから要望が寄せられています。また、学校の運営委員の間で、全額寄付に頼るのではなく、セルフヘルプ(自助努力)の精神で、建設資金の20%は自分たちで工面しようということが話し合われ、現在、準備を進めています。

ゴルカの学校と同様、ポカラのシュリシッダ高校でも、今回の支援に対する並々ならぬ熱い期待と感謝が感じられる調印式となりました。

日本の皆さんのご支援に、心から感謝いたします!

                     DSC07478small.jpg
                       学校の先生や運営委員の皆さんと

それでは次回は、シュリシッダ高校の先生がたの声をお届けします。
Home | Category : ネパール教育支援ブログ |  Comment  |  Trackback
2009/10/23(Fri)

ネパールの地元新聞で報道されました

今日は、ネパール現地からグッドニュースが飛び込んできました。

なんと、今回支援を予定している2つの学校がある、ポカラとゴルカのそれぞれ地元紙で、今回のチャリティーが紹介されたそうです! (下の写真の文字はネパール語です…)

1つめが、ポカラの「Pokhara Patra Daily News Paper」です。

                 golkha News small
<主な内容>
(映画を制作している)幸福の科学出版は、ポカラ市第15区のシュリ・シッダ高等中学校の支援を行うことを決定した。先日、調印式が執り行われ、支援プロジェクトのメンバーと、学校の運営委員長、並びに校長が署名をかわした。学校建設にあたっては、地元の人々も建設費用の一部を負担し、幸福の科学出版と学校側の共同作業でプロジェクトが進められる。


2つめが、ゴルカの「Daraudi Spatahik」です。

                 siddha small

<主な内容>
幸福の科学出版は、ゴルカ地区のマハラクシュミ中学校に対し、新しく4教室を建設することを決定した。教育支援プロジェクトのメンバーが現地を訪れ、調印式が執り行われた。
この学校では、昨年の冬、強風で教室と屋根が破損し、子どもたちの学習に支障をきたしていた。学校は5カ月ほどで完成する予定で、学習環境の改善が期待される。


映画「仏陀再誕」を通じた教育支援プロジェクトが、ネパールの地元の人々にも伝わりつつあります!
みなさまのご支援、本当にありがとうございます!
Home | Category : ネパール教育支援ブログ |  Comment  |  Trackback
2009/10/21(Wed)

ネパール大使を訪問

映画「仏陀再誕」が公開されて、はや5日。
みなさんもう映画はご覧になりましたでしょうか?

ネパール教育支援プロジェクトのメンバーである私も、先日、劇場に見に行ってきました!
ちょうど劇場内でアフリカ系の外国の方を発見したのですが、英語字幕がなかったので、日本語ちゃんとわかるかなあ、ちゃんと伝わるといいなあと…ちょっと心配をしつつ、映画を見ていました。

さて、話は少し代わりますが、先週、今回のプロジェクトで大変お世話になっている【ネパール大使館】を訪問しました。

実は、数ヶ月前、「映画『仏陀再誕』を通じて、ネパールの子どもたちの教育支援をしよう!」という企画が持ち上がりましたが、いかんせん、私たちはネパールの教育事情がよくわかっていません。
そんな私たちに的確なアドバイスをしてくださったのが、ネパール大使館のガネッシュ・ヨンザン・タマン大使です。
大使は、どんな地域が支援を必要としているか、どういう手続きを取ったらよいか等々、本当に温かな助言をくださいました。そのアドバイスのおかげで、私たちはネパール現地での視察や支援先の選定を進めることができました。

そこで先週、現地視察を終え、支援先の学校の目途もある程度ついたところで、ご報告をかねて、タマン大使にご挨拶にうかがいました。ちょうど大使は、ネパールからの連日の要人訪問という忙しいスケジュールでしたが、なんとか、私たちのために時間をとって下さいました。

ゴルカとポカラの学校支援の概略を説明している間、タマン大使は何度も大きくうなづいていましたが、今回の支援が一方的なお金の支援ではなく、村人たち自身も協力して進められることに、特に満足している様子でした。そして、ネパールの人たちが誇りに思っている「お釈迦様」を縁とした映画を通じて、子どもたちに支援の手が届くことを喜ばれていました。

ここで、ガネッシュ・ヨンザン・タマン大使から寄せられたメッセージをご紹介します。

~ ネパール大使メッセージ ~
「物質的な面のみならず、思想の面、考え方の面でも、もっと我が国を支援していただけることを希望しています。そして、人々を変えて行っていただきたいと思います。これはみなさんの使命でもありますし、我が国にとってとても役立つことなのです。」

いろいろとアドバイスを下さっている大使と、ネパール大使館の皆さんに感謝いたします!
そして、映画「仏陀再誕」をご覧になり、ネパールの子どもたちに教育の機会と、明るい未来を開くきっかけを与えてくださっている全ての皆さんに、感謝いたします!


最後に、映画「仏陀再誕」の英語字幕上映日と劇場(東京都内)をご紹介します。ぜひ外国の方にもご紹介ください!
ちなみに、先ほどご紹介したネパール大使も、英語字幕の上映を楽しみにして下さっています~。


~ 東京都内の英語字幕上映予定 ~

【渋谷TOEI①】 10/31(土)、11/1(日) ①11:20~ ②13:45~ ③16:10~ ④18:35~
【丸の内TOEI①】11/3(祝・火) ①11:00~ ②13:30~ ③16:00~ ④18:30~
そのほか、【新宿バルト9】でも11月初旬に上映予定。

Home | Category : ネパール教育支援ブログ |  Comment  |  Trackback
2009/10/16(Fri)

ゴルカの子どもたちより

いよいよ、映画「仏陀再誕」公開まで、残すところあと1日ですね。

ここでご紹介するまでもなく、内容は息つく暇もないほど見どころ満載ですが、
それに加えて、これまでブログでご紹介してきたように、映画の収益の一部はネパールの教育支援にも役立てられます。

みなさんが映画を楽しんだ分、ネパールの子どもたちに幸せが届く――。

ぜひ、一人でも多くの方に映画「仏陀再誕」を楽しんでいただきながら、ネパールの子どもたちにも思いを馳せていただきたいなと思います!

*****************************************

それでは、今日は、支援を予定しているゴルカのマハラクシュミ学校の子どもたち、そして大人たちの喜びの声をご紹介します。

                     Miss Barsha Thapa Magar, c lass 10small
                     バルシャ・タパ・マガールちゃん 10年生            
私たちは、とてもラッキーで、幸せです。日本の皆さんが、わたしたちの未来を開いてくれました!


                     Mr. Ahamad Raza, student 10small
                        アハマド・ラザくん 10年生
新しい校舎を建ててくれることを聞いて、本当にうれしいです。すべての日本の皆さん、ありがとう。


                     chairmansmall.jpg
                  学校の運営委員長 デビ・プラサド・シュレスタさん
映画を通じて、私たちの学校への支援が決定したというイイシラセを聞いて本当にうれしいです。数多くの学校の中から、私たちを選んでくださったことに心から感謝します。私たちにとっては、まさに奇跡の瞬間です。


                     Principal of Mahalaxmi Secondary Schoolsmall
                         校長 ラハム・トゥラ ミヤさん
このイイシラセを聞いて、たいへん喜んでいます。すべての生徒、教員、村の人々のとって、最高に幸福な瞬間です。このような大きな支援をしてくださることは、我が校の創立以来、初めてのことです。


                     Mr. Bishnu Bahadur Thapa ,English teachersmall
                     英語教師 ビシュヌ・バハドゥール・タパさん
ネパールのたくさんの学校のなかから、ゴルカにある我が校を選んでくださったことは、とても素晴らしいグッドニュースです。私は仏教徒ですので、仏陀が生まれ変わることを信じています。日本のみなさんに心から感謝します。


*****************************************

ゴルカの子どもたちは、日本のアニメや映画をほとんど見たこともない子ばかりです。
(学校には電話がなく、町にもテレビがほとんどないぐらいなので…)
そんな子供たち、そして大人たちも、はるか遠く離れた日本からの支援をこんなに喜んでいます。

私たちと、このゴルカとポカラの子どもたちを結んでいるキーワード、それは「仏陀」――。
ぜひ、明日17日から公開の映画「仏陀再誕」をお楽しみに!
Home | Category : ネパール教育支援ブログ |  Comment  |  Trackback
2009/10/15(Thu)

ゴルカの中学校で調印式!vol.2

前回に引き続き、今日も、ゴルカの中学校の調印式の様子をお伝えします。

現地を訪れた時は、ちょうどネパール最大の祭りの真っ最中で、学校も2週間ほどお休みでした。そんななかで執り行われた調印式ですが、80名近くの生徒と父兄の皆さんが丘の上の校舎に集まり、祝福のしるしとして、ティカ(額の赤い印)と花輪で歓迎してくれました。

       P9250121small.jpg     P9250026small.jpg
          グラウンドに幕をはって調印式             真剣な表情の子供たち


調印式は、青空の広がるグラウンドで行われました。(当日は幕が張ってありましたが…)
青い制服を着た子供たちと、学校の関係者、そして村の人たちが真剣なまなざしで見守っています。

まず最初に、プロジェクトメンバーから、今回の映画の内容と、映画のチャリティーをネパールで行うことになった理由(お釈迦様がルンビニで生まれたから)などを簡単に話すと、おおっーという歓声と拍手が沸き起こりました。

というのも、ネパールの人びとにとって、お釈迦様(仏陀)は国民の誇りだからです。
ネパール国民のアイデンティティーは、「お釈迦様」と「ヒマラヤ」なのだと聞いていましたが、
村の人や子供たちの反応を見ると本当にそうなんだと実感できます。

ちなみに、このマハラクシュミ学校があるゴルカ地区は、ネパールの中でも比較的仏教徒の多い地域です。

スピーチの後、署名するペーパーを村の人たちにも分かるように読み上げ、学校の運営委員長とプロジェクトメンバーがお互いに署名し、握手を交わしました。そのたびに、子供や村人たちから拍手が沸き起こりました。

       DSC0722small1.jpg     DSC07238small.jpg
            プロジェクトメンバー(左)と学校の運営委員長(中)、右端は校長先生

調印式が終わると、子供たちの代表が、この日のために自分たちで考えた歌と踊りを披露してくれました。子供たちみんなの喜びが伝わってくるようです。

                    DSC07209small.jpg
                          生徒による歌と踊り

この学校にこれだけの支援があったのは開校以来初めてということで、調印式が終わった後も、皆さん口々に、「デレイ デレイ ダンネバード サア」(本当にありがとうございます!)と、感謝の気持ちを述べていました。

       P9250162small.jpg     tahnks giving smailesmall
            嬉しそうな笑顔の男の子                  村のご婦人


また、「子供たちのために自分たちも力をあわせてみんなで学校を新しくしよう!」と、総勢250名以上の村人たちが学校増改築のために土方仕事に協力することも、自主的な話し合いで決まりました。ただ支援を受けるだけではなく、村の人たちのセルフヘルプの精神と、子供たちの未来を開くために努力の汗を流そうとする姿が、とても印象的でした。

ネパールの貧困の原因は、主に教育制度の不備にあると言われていますが、今回の教育支援を通じて、将来この学校から大学に進む子供が出たり、立派な人材が数多く育ってほしいと、心から願う機会になりました。

               P9250178small.jpg


Home | Category : ネパール教育支援ブログ |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top